広島の呉市にも近い自律神経・女性ホルモン専門治療院

広島の呉市からも近い広島市東区光町の広島駅新幹線口から徒歩すぐのところにある鍼灸治療院です。自律神経やストレスや女性ホルモンを調整することで様々な症状をよくしていきます。検査しても異常がない方や薬を飲んでも良くならない方におすすめします。
うつ病、軽いうつ状態に鍼灸治療
 最近では心療内科ではっきりした病名をつけられないと

いわれます患者さんが増えてきたような気がしております。

おそらく微妙な状態なんだろうと推測できます。

病名を確定しにくいようなまだ軽い状態であるのかなと思います。

ですので 軽いうつ状態 といわれるようです。

ある意味こういう状態を東洋医学ではしっかり見ていければ

と思っています。

ほっておけばひどくなるかもしれない状態を

軽い段階の時にケアできればその多くは症状が楽になるからだと思います。

また治療では環境の変化をポイントにしながら指導しております。

鍼灸治療もある意味大きな環境の変化だと思っています。

私たちに何かを相談するだけで楽になったと言われる患者さんも多いですので

ぜひ気軽に第一歩をしていただけましたらと思います。

・体に優しい鍼灸治療

・陶器温灸

・頭蓋骨調整

・カウンセリング

これらを上手に組み合わせていきます。







| 自律神経について | 17:48 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
パニック障害・パニック発作に鍼灸治療

当院では最近一番多くの自律神経症状ではないかといわれる パニック障害が増えてきました。

その多くは自己コントロールが出来ない状態であると言えます。

不安や緊張が長く続く事で様々な症状が発作のように襲ってきます。

その多くは病院では異常なしといわれパニック障害といわれています。

鍼灸治療との相性は良くて鍼灸にて自律神経を週1回など定期的に 刺激を送り続けることにより発作の回数が減ったりでなくなったりしてきます。

いわゆる自律神経のリハビリと当院では考えております。

ですので発作がでたときに治療するのではなくて でない時に定期的にケアしていくというパターンになります。

当院での統計でも良い結果がでていますのでお勧めしたいです。


また不安が強い方は自宅でできるコントロール法も指導しております。

| 自律神経について | 17:49 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
女性スタッフの治療はこんなかたにおすすめ


当院の治療をどんな方におすすめしたいかですが・・・

やはりどこに行っても良くならなかった患者さんにはぜひお試しいただきたいと思います。

あと症状で決める以外にも、当院ではさまざまな希望や悩みで治療スタッフやメニュー
を決めていただくこともあります。



・女性の先生がいいであるとか


・プライベートなことを相談したい


・美容だけをしてほしいとか


・鍼でなく整体がいい


何でもかんでもまずはお気軽にご相談ください。

おそらく鍼灸院の中でも患者さんの意見をここまで聞けるのは

うちくらいかなと思っております。

またこんなのにいいかもです。


・刺す針がいやで全部刺さない針でしてほしいとか


・疲労や凝りなどがメインでゆっくりとリラックスしたいとか


・遠方から行くのでゆっくりみてほしいとか


3階にて病気治療専門の男性鍼灸師である岩崎院長が診るのか?


7階で女性専門の優しい鍼治療で評判の女性副院長吉村が診るのか?


2階で美容治療や整体治療を池田先生にて受けてみるのか?


もちろん指名していただいてもかまいません。


指名料などかかりませんので・・・


わからない場合は私たちのどちらがいいかとの相談にのりますので安心ください。



続きを読む >>
| 治療について | 17:50 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
上半身が揺れるに鍼灸治療

最近上半身が揺れるという症状の方が来ます。

まずは脳疾患の可能性もありますので脳外科をおすすめします。

異常がない場合は心療内科で治療をしながら鍼灸治療に来られている方がいます。

鍼灸でオススメなのは上半身が揺れるというものだけでなく 様々な自律神経症状やパニック発作があるかたにおすすめです。

よく言われるのが揺れる際に血の気が引く感じで倒れるような気がする といわれます。

低血圧発作や立ちくらみともかぶっているとは思います。

また鍼をすすめるポイントとしては首こりや肩こりを併発しているなら 非常に治療がやりやすくなります。

また女性であればホルモンバランスが崩れ生理不順になりますが この症状もあった方が治療がしやすいです。

上半身が揺れる治療の対策は

1、全体的に自律神経やホルモンを調整すること

2、首肩こりを緩め歪みをなくしていくこと

これらを意識しながらふだんリラックスできる環境を作るようにすればよくなると思います。

| 自律神経について | 17:50 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
全身倦怠感、疲労感、脱力感の鍼灸治療

よく言われる症状で慢性的な疲れがあるといわれます。

仕事やスポーツなどの肉体的疲労感 ストレスやイライラなどの精神的疲労 まずはどちらが原因かで治療は大きく変わるかと思います。

肉体的疲労であればしっかり疲労を取り除く治療をして しっかり休めば回復しますのでポイントはしっかりと刺激をおくり 悪いものを取り除くことにポイントがあります。

精神疲労は自律神経の乱れですので 交感神経を鎮める方でするか、 副交感神経のリラックス感を強めるか、 を意識して治療すれば体調も回復すると思われます。

また生活リズムが乱れると疲労がたまることがありますので

・睡眠をしっかりとっているか

・食事は規則正しい時間でとっているか

・デスクワークなどで同じ姿勢が多くないか

そのあたりのリズムを調整すると治療効果が倍増します。

休みの日は自分の好きなことに没頭すると良いとも言われています。

良くないのは身体に良いからということでマラソンなどをして ほんとはしたくないのに無理にしていると更なる疲労感に襲われます。


自分のしたいことというのがポイントですね。

| 自律神経について | 17:51 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
体幹機能障害に鍼灸治療

体幹機能障害とは


体幹機能障害者は、主に脊髄を傷めた後の後遺症として発症します。

どの部分の障害を受けたかで症状がきまります。

多くの場合は体幹である体の中心部の安定が取れないというものになりますので 鍼灸治療では背骨の両側を中心に治療していきます。

またそれにともなって手足も運動障害がでていますので あわせてその治療も行なうことになります。 リハビリをしながら鍼灸をするというのが前提になるかと思います。


また当院では重度の歩行障害がある場合は医療保険を使った訪問マッサージ をオススメする場合もあります。


ぜひ体幹機能障害に鍼灸をお試しください。

| 自律神経について | 17:52 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
もやもや病に鍼灸治療

もやもや病とは 脳の太い血管が細くなったり、詰まったりしてしまう病気、がもやもや病です。

ただ、太い血管のどこでもそうなるのではなく、細くなる場所、詰まる場所は決まっています。 そこは内頚動脈の終末部といって、内頚動脈が前大脳動脈と中大脳動脈に分かれる場所の近くに限られます。


もちろんもやもや病に対して鍼灸治療をというわけではありません。

もやもや病からくる諸症状に対して有効です。

手足の冷えやしびれは末梢血流が良くなるツボに打てば改善しますし、

脱力感やしゃべりにくいという症状には自律神経の調整を行います。

また物が見えにくい症状なら眼精疲労系のツボにて対応可能です。


勿論西洋医学重視で行ないながら補佐として鍼灸を取り入れるなら有効だと思います。

ぜひお試しください。

| 自律神経について | 17:53 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
イライラ、ほてり、いらだちに鍼灸治療

イライラに鍼灸治療は有効です。

イライラは性格などもありますが、普通にイライラしているのは特に問題ないですが ちょくちょくイライラしやすい、イライラした時に何かの症状がある などでしょうか。

そういう状態になっているなら何かしらの対策が必要です。

その一つとして鍼灸治療も有効です。

問題はどうしてイライラしているかでしょうが、その原因を解明していく必要もあります。 それが体の不調ならその不調を治していくことももちろん必要です。

鍼灸治療はもちろんその場合に有効でしょう。

家族内や仕事上などでのストレスなどの場合で起こるいらいら感は どのようにストレスを相手にするかの対策なども必要ですので、 私の方でもできるだけの対応はしております。


ぜひイライラやいらだちに鍼灸治療をお試しください。

| 自律神経について | 17:54 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
不整脈などで脈が早い、脈拍が多い、ドキドキするなどに鍼灸治療

脈が早いということで治療をすることがあります。

もちろん心臓疾患や甲状腺疾患などもありますのでまずは検査をおすすめします。

特に不整脈などはしっかり病院でみてもらうべきだと思います。

ですがいろいろ検査をしたが何も異常がない方に関しては 精神科にまわされ精神安定剤だけをもらっているというケースが多いようです。

特に注意してほしいのが ・疲れがたまっている ・精神的にまいっている ・生活リズムが悪い などがありましたらそれらを注意してから鍼灸を併用して頂くと 早い段階でよくなる可能性が高いです。


ぜひ脈が早いことで悩まれていますなら鍼灸をおすすめします。

| 自律神経について | 17:55 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
気分障害、躁うつ病、不安障害に鍼灸治療
気分障害とは 

ある程度の期間にわたって持続する気分の変調により、

苦痛を感じたり、日常生活に何らかの支障をきたしたりする状態のことをいう。

ですので主にリズムや感情を一定にしていくような感じで鍼灸治療をしていきます。

状態の悪い時に治療に来る方が多いですがポイントは状態の良い時に

定期的に鍼灸治療をすることだと思っていますのでぜひ定期的をおすすめします。

躁鬱の場合も治療法はさほど変わらないですが

興奮しているツボに関してはさらに細かく調べて処置していく方針でいます。

比較的状態の軽い方を対象にしております。

できましたら家族の方の付添もあるほうが治療効果は高くなっているので

ご協力お願いします。



| 自律神経について | 17:55 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP