広島の呉市にも近い自律神経・女性ホルモン専門治療院

広島の呉市からも近い広島市東区光町の広島駅新幹線口から徒歩すぐのところにある鍼灸治療院です。自律神経やストレスや女性ホルモンを調整することで様々な症状をよくしていきます。検査しても異常がない方や薬を飲んでも良くならない方におすすめします。
<< 神経症について | TOP | 日焼け止めについて >>
いい汗と悪い汗

タラタラ流れる汗、じわっとべとつく汗、臭いがきつい汗など、

汗にはたくさんの種類があります。


運動した時や暑いときにかく汗の他、

精神的にかく汗もあります。


汗は身体を正常な状態に保つ為に、とても大切な働きをします。

さらさらした良い汗とねばねばした悪い汗があることを、

実感している方も多いかと思いますがこの違いはなんでしょうか・・・?

それは、汗に含まれるミネラル量の違いにあります。

ミネラルをたくさん含んだ汗はねばねばとしており、

身体に必要なミネラルまでも汗とともにでてしまうのです。


悪い汗をかきやすくなる原因としては、

運動不足、食生活の乱れ、ストレス、冷房の使い過ぎなどが挙げられます。

また、普段から汗をかく習慣があまりない人は汗腺の機能低下も

ねばねば汗の原因となります。

悪い汗を良い汗に変えていくには、軽い運動や入浴で

汗をかく習慣をつけていくと良いでしょう。

汗をたくさんかくことで、汗腺の機能は発達されます。





どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る慢性疲労患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。




| 自律神経について | 12:55 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP