広島の呉市にも近い自律神経・女性ホルモン専門治療院

広島の呉市からも近い広島市東区光町の広島駅新幹線口から徒歩すぐのところにある鍼灸治療院です。自律神経やストレスや女性ホルモンを調整することで様々な症状をよくしていきます。検査しても異常がない方や薬を飲んでも良くならない方におすすめします。
<< スキンケアと化粧崩れ | TOP | 自律神経失調症 >>
化粧崩れの少ない肌に!スキンケアの方法

お待たせしました!

具体的にどのようなケアをしていけば良いのかさっそくご紹介していきたいと思います(^^)


1・洗顔

洗顔フォームをしっかり泡立てて泡で洗いましょう。ゴシゴシ擦ると、お肌の角質を傷めて剥がれやすくしてしまいますし、バリア機能が低下してかえって油分が出やすいお肌になってしまいますので注意して下さいね。Tゾーンや小鼻の周りは、皮脂や汚れが溜まりやすいので少し念入りに。ぬるま湯でしっかりすすいで終了です。



2・ローションと乳液

ローションは、たっぷりコットンに染み込ませてパッティングしていきましょう。角質の奥の方まで水分を補給していくイメージです。乳液は、ベトつくからと敬遠する方もいるかもしれませんが、乳液を付けることで油分が補給させて皮脂の過剰分泌を防ぐ事になるので、付けると良いです。
マッサージするように手の平全体で付けていきますが、お化粧崩れの気になる部分や乾燥が気になる部分には、手の平で少し抑えてなじませると良いです。



全てのケアが終わったら、優しくお肌に触れてみてください。

しっとりした感じになるくらいが目安です。


毎日コツコツ丁寧なスキンケアを心がけて

お化粧崩れのしないお肌作りをしてみましょう♪




どうしても鍼治療が怖い方はどうするべきですか?

まずはしっかり問診を取るのですが、
私は間違いなく鍼がダメ、前に余計に悪くなったとかのトラウマ
あのチク感がダメ、ツボにあたっときの痺れる感じもいや、
という方は10人来ましたら1人はきます。
それでも当院の院長は長年の実績からその方にあった刺激を
みつけて完治まで持っていくことがほとんどです。
院長曰く敏感な方ほど早く治るようです。

でもそういう問題ではなく、いくら注意をして治療をしてもらった
としてもぜったいチク感はいや、という強い不安感がいる方が
いましたらそれはそれで鍼の不適応にあたる可能性が
高くなります。可能性で言えばうちに来る慢性疲労患者さんの
30人に1人くらいかな?と想像していますがもう少し多いかも
しれませんし少ないかもしれません。

さて本当にそういう状態であれば鍼をしない方がいいと言えます。
その場合は刺さない鍼と整体というコースをご用意しております。
皮膚が敏感なので刺さなくても効いたりする方が多いのです。
整体も非常に効果的だったりもします。

鍼灸は絶対嫌だけど鍼を刺さないなら行ってみたいという方は
是非お知らせくださいね。





| 美容部門 | 17:01 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP